浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付き>試合前の円陣で阿部がかけた一言を実践【河合貴子の試合レビュー】2015Jリーグ2ndステージ第15節vsFC東京<阿部、西川、宇賀神、関根、ズラタン、森脇、那須コメントあり>(2015/10/25)

今日のポイント!!

試合後に、宇賀神友弥選手が「珍しく、円陣を組んだ時に阿部ちゃん(阿部勇樹選手)が『一言言わせてくれ~』って言い出し『自分たちのサッカーを楽しんで、思い切って行こう!ミスしてもカバーし合って闘おう!』ってそれが全て実践が出来た」嬉しそうに笑顔を見せた。

宇賀神選手が話してくれた通り試合の立ち上がりから、攻守に渡りに積極的な姿勢をチーム全体で実践していた。FC東京がシステムチェンジも何度も繰り返す中でも上手く対応が出来ていた。前半を3-1で折り返し、後半に4-1と出来たところまでは良かった。このままスッキリと勝利を収められれば良かったが、終盤にかけて運動量が落ちてしまった。

阿部勇樹選手は「前半に比べて、蹴ってしまった。もう少し、相手のゴール近くでキープして時間を使えば良かった。賢くさぼることを使い分けたい。後ろからの運びとパスが重要だ。相手に押し込まれる時間帯で2失点は無かった。課題としていかなければならない」と厳しい表情で話した。

試合終了間際の、東選手と中島選手の立て続けのシュートを西川選手は本当に良く防いでくれたと思う。西川選手は「ここからは、メンタルだぞって話していた。押され気味になると割り切って、最後は気持ちでこれ以上、入れさせない!って思っていた。失点したが、堂々とプレーし続けていたので、慌てないでプレーが出来た。最後の立て続けのシュートは、準備のところで余裕があった」と笑っていた。アディショナルタイムにフリーで撃たれた東選手のシュートが決まっていたら・・・。

勝利を得たことは本当に良かった。だが、4-1になってからのゲーム運びをもっと楽な展開にすることが出来たと思う。阿部選手が言った「賢くさぼる」ことが出来れば、FC東京をイラつかせて自滅に追い込めたはずだ。本当に疲れる試合であった。勝ち点3が獲れたことが何よりも救いであった。

(残り 3649文字/全文: 4436文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ