浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】東京国際大学との練習試合は、6-4の乱打戦で勝利(2015/10/25)

TAK_4630

東京国際大学体育会サッカー部とのトレーニングマッチ

なんとか逃げ切ったFC東京戦から一夜明けた10月25日。昨年よりも3日早く、木枯らしが昨夜から吹き荒れ、大原の練習場も澄み切った青空が広がった。だが、北西から吹く風が強く、肌寒さに拍車をかけていた。

FC東京戦に出場したスタメン組は、ゆっくりとクールダウンを行ない、ロッカールームに引き上げる選手たちを呼び止めて個々に話をするシーンがあった。また、槙野智章選手や西川周作選手、阿部勇樹選手など6選手は、輪になってリフティングを楽しそうに行なっていた。西川選手と森脇良太選手のタイミングが合わずにミスすると、「もう~!」と西川選手が森脇選手にじゃれ付き、笑いを誘っていた。

TAK_4359

午前11時から始まった東京国際大学体育会サッカー部のトレーニングマッチは、風速約6mの風がグランドを駆け抜ける状況となり、浦和が風上に陣地を構えて始まった。

浦和はGK大谷、DF岡本、永田、加賀、MF橋本、鈴木、青木、平川、高木、梅崎、FW李、対する東京国際大学体育会サッカー部は4-4-2の布陣で挑んで来た。

TAK_4788

東京国際大学の前田秀樹監督(元水戸ホーリーホック監督)から「風が強いから気を付けて行け!」と声が掛かっていたが、立ち上がりから主導権を握ったのは風上の浦和であった。

(残り 1644文字/全文: 2189文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ