浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】日本代表選出の柏木「川崎戦は失点よりも点を取りにいくことが大事」<柏木、武藤、興梠コメントあり>(2015/11/5)

TAK_5378

柏木「失点よりも点を取りにいくこと」

中盤の攻めぎ合いがキーになる川崎戦。柏木陽介選手は「川崎は、前から来ることはない。ボールを回されることは、覚悟の上だ。回されても回し返す。そういう意味でも攻め合いだ。失点しないことよりも、点を取りに行くことだ。FC東京戦のように、攻めにまわって自分たちが、ボールを持つ時間を長くする」と話し、「誰が、DFに入っても変わりがない。ただ、守備面ではケンちゃん(加賀選手)、攻撃はモリ(森脇選手)の方が良いかも知れない。出場停止なんて、今までもあった。出た選手は、しっかりやるよ。久しぶりの選手がやるとしたら、みんながカバーして気持ち良くプレーをさせてあげたい」と加賀選手のことを気遣っていた。

そして、日本代表発表を前に「イメージは練習で残せたと思う。俺の気持ちでは、どうにもならないが、発表まで楽しみにしている」と柏木選手は笑っていたが、ロシアワールドカップ2次予選のメンバーに見事に選出された。

(残り 754文字/全文: 1168文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ