浦和フットボール通信

MENU

【高校サッカー選手権】正智深谷が3年ぶりの全国大会へ。初戦は明徳義塾と対戦。(2015/11/16)

IMG_9172
第94回全国高等学校サッカー選手権大会 決勝
11/15(日)埼玉スタジアム2○○2
西武台0-1正智深谷

IMG_9208

IMG_9198

第94回全国高校選手権埼玉大会の決勝戦は、新人戦、関東大会予選、総体予選を制して今季県内三冠の西武台高校と、ノーシードで1回戦から、西武文理、浦和東のシード校を破って勝ち上がってきた正智深谷の対戦となった。

試合は、キックオフ開始早々に動いた。前半3分、右サイドからのクロスにあわせたFW玉城裕大(2年)が左足を振りぬいて電光石火の先制点を決めた。

IMG_9249

これによって西武台は、1点のビハインドを追いかける展開となった。同点を狙って西武台が試合の主導権を握り、猛攻撃に出る。サイド攻撃、セットプレイから幾度となく決定機を迎えるがゴールを決めることができなかった。

IMG_9494

後半に入っても西武台が主導権を握り続けるが、時間は刻々と過ぎ、最後まで正智深谷の先制点が重く圧し掛かり、結局そのまま終了。0-1で試合は終了をして、正智深谷が3年ぶり2回目の全国大会出場の切符を掴んだ。

IMG_9620

試合後、小島時和監督は「今でも実感がわかない。選手たちが良く西武台の攻撃を守ってくれた。いつゴールを奪われてもおかしくない展開だった。待ち構えて守る形がうまくはまった」と驚きの表情だった。

IMG_9772

「3年前に全国大会に出場してから、正智で全国に出たいという選手たちが集まってきてくれた。普段の練習から意識高くトレーニングできている」と近年力をつけてきている正智深谷のレベルアップを感じているようだった。

「サッカー王国と言われた埼玉の代表として出場するので、全国で勝つ使命がある。県民の期待に応えるサッカーをして上まで勝ち上がりたい」と、全国での勝利を誓った。

ぜひ準決勝、決勝が行われる埼玉スタジアムのピッチを目指してもらいたい。

第94回全国高校サッカーは12月30日に開幕。組み合わせ抽選会が今日都内で行われ、正智深谷高校は、1月2日に高知県代表の明徳義塾と浦和駒場スタジアムで対戦する。

決勝戦フォト

IMG_9147

IMG_9226

 

 

IMG_9639

IMG_9645

IMG_9610

IMG_9618

 

IMG_9256

IMG_9810


IMG_0120

IMG_0086

IMG_0037

コメントを残す

ページ先頭へ