浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付き>【河合貴子の試合レビュー】阿部「啓太との1番の思い出の試合は、ACLでチャンピオンになった試合。今日で終わりじゃない。まだまだ1月1日まで続く」Jリーグ2ndステージ第17節 vs神戸戦<ペトロヴィッチ監督、武藤、関根、柏木、槙野、加賀、阿部コメントあり>(2015/11/23)

今日のポイント!!「浦和の良い部分と悪い部分が明確に出た試合」

柏木陽介選手が、試合後に「ゲームコントロール」を課題に上げていたように、3-0となった後の試合運びだ。広島は、湘南戦で5-0と完封勝利を収めている。ハイテンポで攻撃を仕掛けて、3-0になった時点でゲームを落ちつかせるためにバックパスを多用することで、神戸はDFラインを押し上げることが出来た。本来の浦和であれば、バックパスも高い位置で回すことが出来たはずである。上手く、ゲームコントロールが出来ていれば、失点は防げたはずである。

3-2の状況に追い込まれてしまったことにミシャ監督は「3-1で不安定な状態になって進んでしまった。後半に入ってもあまり良い部分が出せずに時間が経過する中で3-2になってしまった。森脇、那須、興梠と重要な選手を怪我で出られない。槙野、柏木、ズラタンは代表に行って帰って来てからすぐだ。今日のゲームで、もしも全員が揃って良いコンディションで出場していたら、試合の中の交代で上手くいかなかった30分間(前半の30分過ぎから後半の15分)を修正出来たと思う。久しぶりに出場した選手がどれだけ持つか、交代カードが難しかった」と話していた。

1試合を全て自分たちが主導権を握るのは、ほぼ不可能なことであるが、流れが悪い時のゲームコントロールや流れを引き寄せる選手交代の重要性を痛感させられた。無失点で終わっていれば、鈴木啓太選手がピッチに立ち闘う姿が観られたと思うと残念でならない。

ただ、5得点を5人の選手が決めたことは、如何にも今の浦和らしいことだ。記録上は、1ゴール1アシストとなった李忠成選手は、全てのゴールシーンに絡んでいる。浦和のエース興梠慎三選手が不在でも、運動量豊富にしっかりと顔を出し、ボールを収め、判断良くパスを出し、またゴール前へと走った。李選手は「自分の良さが出た。自分の原点である我武者羅に頑張ることに立ちかえったところだと思う」と照れながら話し「久しぶりに自分のサッカーが出来た」と笑みが零れた。

浦和の良い部分と悪い部分が明確に出た試合でもあった。ただ、この勝利を弾みにして、タイトルを獲得したい。

(残り 3111文字/全文: 4011文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ