浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付き>【河合貴子の試合レビュー】Jリーグ・チャンピオンシップ準決勝 vsガンバ大阪<李、柏木、平川、西川、関根、阿部コメントあり>(2015/11/29)

今日のポイント「勝負を分けたのは・・・」

しっかりとしたブロックを形成し奪ったら鋭いカウンターを見せるG大阪に対し、ボールの保持率は浦和が圧倒していた。

前線からの守備に貢献していた李忠成選手は「負けた気がしない。負けるかねぇ・・・。コンビで崩せると思った。バランスを崩さないように遣ろうと思っていた。信じがたい現実だ。宇佐美も何も出来なかったしね。勝たなきゃいけない試合だった」と話した。

柏木陽介選手は「東が当たっていた。それに尽きる」とファインセーブを連発した東口選手を褒めた。そして「終盤に点が取れていたら・・・。決め切れない勝負弱さがあった。PK戦に入ることを考えていたら、丹羽ちゃんのバックパスのアクシデントでみんなの気が緩んだ瞬間だった。ガンバは、普段入らないようなシュートが入るが、こっちは入らない。サッカーの内容で負けたと思っていない。今日は、イラついたことしか話せない」と話した。

平川忠亮選手は「紙一重のところで全てが決まった。上手くみんなは、ボールを動かしながら相手を走らせていた。後半の最後に、武藤のヘディングが決まっていたらね・・・。色んなチャンスがあって決め切れない中で、向こうは決めた」と話した。

李選手と柏木選手、平川選手の言葉が全てを象徴していた。主導権を握りながらもチャンスが生かせずに、疲労が蓄積してしまった。それが、G大阪の狙いなのは試合前からみんな分かっていたことであった。だが、それを打ち破ることが出来なかった。

試合後に俯きかげんに武藤選手は「今日のゲームの敗因は、僕が最後に決め切れなかったことだ。自分の中では、ピンポイントでセンタリングを受けてヘッドで叩き込むだけだった。GKに弾かれた。もしかしたら、逆サイドに振っても良かったかも知れない。決めて、あそこで試合を終わらせたかった。冷静なシュートが出来なかったのは、実力不足だ」と自分自身を責めていた。だが、誰も武藤選手のことを責めることは出来ない。

長谷川健太監督は「一瞬のミスが命取りになると思っていた。延長でまさか丹羽があのようなプレーをするとは思わなかった。それが、逆にレッズの選手の集中を削いだ感じになった」と話していたが、スキルの高いブロックを形成して、鋭いカウンターを仕掛けるG大阪を浦和は上回ることが出来ずに、疲れきった延長後半に一瞬の隙でやられてしまったのだ。フットボールの質を考えれば、浦和の方が良いフットボールをしているのは事実だ。だが、ボールを保持して良いフットボールをしていても、それが勝利に結びつかない現実を突きつけられた試合であった。

(残り 3318文字/全文: 4394文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ