浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】高木「自分たちに足りないものは規律だ」<高木、加賀、茂木、宇賀神コメントあり>(2015/12/8)

TAK_6803

高木「自分たちに足りないものは規律だ」

約40分の青空ミーティングについて高木俊幸選手は「自分たちに足りないものは、規律だ。G大阪や広島とか相手にした時に、そう言うところが足りなかった。運が無かったところもあるが、監督とは規律の部分が最後までやり切れるかだと言っていた。監督が熱くなる場面はあったけど、練習中からやっている動きの確認や修正を大きなジェスチャーを交えて話していた」と如何に規律が大事かを感じて話した。そして「少し、オフ明けで身体がまだ堅い感じだ。昨日と一昨日の疲労感が出ている。コンディションとしては、100%じゃない。フルコートで、走る距離も長く、運動量もあがる。オフ明けできつい部分はあった。広いコートは好きだ。実戦に近く、やってる方も楽しい」と嬉しそうに話した。

(残り 1052文字/全文: 1392文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ