浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】天皇杯神戸戦に向けて激しいミニゲームを展開(2015/12/17)

TAK_7086

天皇杯準々決勝神戸戦に向けて、ヒートアップ中!

北風が肌を突き射すように冷たく、気温8℃と冷え込む12月17日。多くの選手たちは、手袋をしたりネックウォーマーをして練習に臨む中、阿部勇樹選手をはじめ興梠慎三選手、永田充選手、武藤雄樹選手、ハーフパンツ姿で寒さを吹き飛ばすように走り回っていた。

12月9日の練習中に左足首軽い捻挫で離脱していたズラタン選手は、動きもハーフパンツで元気な姿を見せていた。また、U-22カタール遠征から月曜日に帰国した関根貴大選手は2日間別メニューで調整していたが、今日から本格的に合流した。来シーズンの加入が決まっている作陽高校の伊藤涼太郎選手も火曜日から練習に参加していた。

TAK_7265

アップが終わると、鈴木啓太選手や斎藤翔太選手、茂木力也選手、伊藤選手が、福島春樹選手と岩舘直選手が守るゴール向って、パス&コントロールなどのシュートを行なっていた。鈴木選手は、若手の選手の手本になるような動きを見せていたのが印象的であった。

(残り 1439文字/全文: 1860文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ