浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】手応え掴む、FC東京との練習試合(2015/12/19)

TAK_7518

天皇杯に向けてFC東京と練習試合

天皇杯準々決勝まであと1週間となった12月19日。冷たい北西の風が吹く中、FC東京の練習場に乗り込み45分×2本と30分×1本の変則的な練習試合が行われた。

2ndステージで対戦した時は、前半を2点リードで折り返し、後半には槙野智章選手のゴールで4-2としたものの高橋秀人選手の活躍で1点差の詰め寄られて、なんとか逃げ切って4-3と勝利を収めることが出来た。

TAK_7310

準々決勝で広島と対戦するFC東京は、本番を想定してベストメンバーで挑んで来た。FC東京は、リーグ戦と同様に4-3-3のシステムで前線を東慶悟選手、中島翔哉選手、河野広貴選手で構成し、トリプルボランチは高橋選手を中心に米本拓司選手、橋本拳人選手、DFラインは右から徳永悠平選手、森重真人選手、丸山祐市選手、太田宏介選手とリーグ戦と同じであった。

アウェーに乗り込んだ浦和も、もちろんベストメンバーであった。GK西川、DF槙野、永田、森脇、MF宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李、FW興梠でスタートした。

(残り 2017文字/全文: 2460文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ