浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】天皇杯に意欲を見せた、西川「タイトルを獲りたい」<西川、李、宇賀神、柏木、槙野コメントあり>(2015/12/19)

TAK_7468

西川「タイトルを獲りたい」

2本目の途中で、フィールドプレーヤーが総入れ代えをしたゲームの入りで2失点してしまったことに西川周作選手は「メンバーが代わってすぐに、良い入りが出来なかった。ゲームの入りが大事だ」と痛感していた。ただ、試合全体を振り返り「狙いを持った中でチャレンジして、切り替えが早く、ライン設定も良く、スライドの早さも良かった。前線のプレスで嵌めこむ守備ではっきりさせることが出来た。後追いで遣られるのは、守備陣はきついからね。何とか上手く60分までは出来た。あと、風が強くて、GKは寒くて・・・。集中を保ち、頭を働かせるのが大事だった」と話した。そして「1週間前で(天皇杯神戸戦)みんなの意識も高まって来ている。タイトル獲りたい!!自分は、1月1日の決勝で負けている経験がある。天皇杯は、良いスタートで(新年の幕開け)良い終わり(シーズンの終わり)が出来る大会だ」と天皇杯の栄光を手に入れると誓った。

(残り 1255文字/全文: 1662文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ