浦和フットボール通信

MENU

河合貴子×椛沢佑一 浦和レッズ2015ライブディスカッション 「浦和がタイトルを得るために必要なこととは?」

SHI_2838
レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを訊く「レッズ2015ライブディスカッション」。2015シーズンの浦和レッズは、ファーストステージ無敗優勝を果たしたものの、年間勝ち点2位。チャンピオンシップでは準決勝でガンバ大阪に敗れて3位と、結果的には失速と言われて然るべき結果で終えてしまった。悲願のタイトルを目の前にして何が足りなかったのか、河合さんにお話を訊いた。(浦和フットボール通信編集部)

優勝できなかったのは、実力がなかったということ

椛沢:今季は、ミシャ体制4年目の中で補強もしっかりと行われて、チーム力は向上はしていると思うのですが、最終的な結果は、今季も優勝を逃す形になってしまいました。

河合:確かにチームは熟成をされてきた。ファーストステージは、その熟成度の違いを見せて、他チームを圧倒して無敗優勝を果たすことができた。ただ、最初から全部が良かったわけではなくて、リーグの開幕前は、ACLとゼロックスの試合でつまづいた。

椛沢:ACL水原戦(1-2●)、ゼロックス・ガンバ戦(0-2●)、ACLブリスベン(0-1●)と、公式戦3連敗の中でリーグ戦が開幕しました。

KAZ_9342

河合:あの3連敗によってチームが引き締まり、阿部選手が自分が引っ張っていくんだという気持ちが出て、すごく良いゲームができた。序盤は、興梠選手が怪我により欠けた状態でも、良い形が出てきたし、新加入の石原選手も大きな怪我をしたけれども、補強が出来ていて補うことができていた。特に、武藤選手は、すぐにチームに馴染んでいくことができたと思う。他チームが完成していない中で、いち早く完成度の姿を見せたのがレッズのファーストステージだったと思う。しかしレッズの問題は秋なんだよね……。

椛沢:終盤戦も成績だけを見れば、そこまで負けているわけではありません。セカンドステージ第14節のガンバ戦(1-2●)で、負けているくらいでした。しかし印象としては今年も失速をしたと言われてしまいます。

河合:シーズンを振り返っても、成績だけを見れば勝ち点72は素晴らしい数字だったと思うけれども、結果として広島の上を行くことができなかった。失速と言われてしまう部分は、そこにあるんじゃないかな。選手層とか選手のスキルは浦和の方が上。何が足りないのかという部分では、広島は守ってカウンターがしっかりとできたり、遅攻と速攻をうまく使い分けているのと、運動量が落ちない部分がある。それに比べると浦和は運動量が落ちてしまう。それによってパス、シュート、クロスの精度が落ちてしまう。だから決定機が生かせないことがあった。

(残り 9149文字/全文: 10247文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ