浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】天皇杯神戸戦に向けて柏木「試合モードに入ってきた」<柏木、青木、槙野コメントあり>(2015/12/24)

TAK_8085

柏木「試合のモードに入ってきた」

ミニゲームの中盤で攻守のバランスを上手くとっていた柏木陽介選手は「今週、コンディションが上がってきている。試合のモードに入ってきた。前線から嵌めて行くことと攻守の切り替えが大事だ。この終盤で、集中力が問題だ。90分、集中していく。そして、良いチャンスの時に、ゴールを決めるかだ。前半、しっかりと気持ち良くゲームに入って、後半は思い切った気持ちでプレーしたい。ただ、全部前からプレスは無理だから、行く、行かない、そこだけを気をつけたい」と話した。

そして、不用意な失点に関して「充君(永田選手)には制限があったし、制限の中でプレーだからね」と永田選手を擁護して「守るところ、行くところのコントロールは、俺の役目だ」とチームのバランスを上手く取っていく責任感を感じていた。

(残り 778文字/全文: 1127文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ