浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】天皇杯神戸戦に意気込む、武藤「自分のゴールで試合を決めたい」<武藤、李、西川、宇賀神コメントあり>(2015/12/25)

TAK_8486

武藤「自分のゴールで試合を決めたい」

関根貴大選手と岡本拓也選手と仲良く楽しそうにクールダウンをしていた武藤雄樹選手は、リラックスムードでのんびりと練習後を過ごしていた。見かねた西川選手が「遅刻しますよ~」と武藤選手に声を掛けると武藤選手は「ま~だだよ~」と暢気に返していた。しかし、試合の話しになると厳しい表情をして「球際や攻守の切り替えを負けてはいけない。スカウティングで神戸のDFが4枚か3枚か・・・って話にもなっていた。最終戦の神戸戦のイメージもまだ残っている。試合運びの不甲斐なさが出た。一発勝負の天皇杯、勝負強さを見せていきたい」と意気込んだ。

そして「プロ1年目の天皇杯でベスト8まで進出して、延長で僕がゴールを決めたんだけど、追い付かれて、PK戦になり、僕が外してPKで負けたんです。天国から地獄に落ちた気分だった。今回は、自分のゴールで試合を決めたい。そして、勝って浦和に帰って来たい」と浦和を勝利に導くゴールを決めると過去の天皇杯を思い出しながら誓った。

(残り 855文字/全文: 1290文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ