浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】天皇杯準決勝 vs柏レイソル戦<阿部、ズラタン、関根、武藤、柏木、那須、梅崎、李コメントあり(2015/12/29)

今日のポイント!「決勝を見据えての勝利」

ゲームを支配しながら、自分たちのリズムを崩さず、ゴール前を固めた柏の堅い守備に苦戦をした。90分で決着をつけたかったところだが、必要以上のリスクを冒さない闘いで選手たちは、良く我慢強く闘ったと思う。

吉田監督は「浦和は、当たり前ですが、タフなフィジカルを持っていて、完成された戦術を持った強くて、賢く、上手いチームだった」と脱帽していた。

柏の鋭いカウンターに対しても最後のところで那須選手をはじめ、槙野選手も森脇選手も良く身体を張っていた。柏木選手の負傷で急遽ピッチに入った青木選手もバランスを良く考えていたと思う。

阿部勇樹選手は「難しい試合になると思っていた。我慢して闘い、勢いのついている人が獲ってくれて、チームとして勢いが出る。失点0も良かった」と安堵の表情を浮かべながらも「続けてやって行くことは、簡単なようで一番難しい」と話した。共通理解の下でこの難しいことを選手たちは良くやっていた。

1発勝負の天皇杯で先の決勝まで見据えて興梠選手と李選手を温存させ、勝負に挑んだミシャ監督の采配は、延長まで2人を温存させるとは正直思っていなかった。後半の途中からでも温存した2人を投入して90分で決着つける闘いをしても良かったのではないかとまで思ってしまう。

だが、きっちりと結果を出して決勝へと駒を進めることが出来たのは、本当に良かった。選手たちは120分間、集中を切らさずに、我慢強く、最後まで諦めずに良く闘ったと思う。決勝を見据えて闘ったのであれば、しっかりと決勝でその成果を見せ付けたいところだ。

柏木の怪我は微妙な所

(残り 4110文字/全文: 4788文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ