浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝 vs G大阪戦<李、阿部、梅崎、興梠、西川、森脇、高木、ペトロヴィッチ監督、長谷川監督コメントあり>(2016/1/1)

今日のポイント!!

選手たちは、最後の笛が鳴るまで全力を出し切って闘った。だが、結果は伴わずに敗者となった。柏木陽介選手の不在を言い訳にしたくない。だが、長谷川健太監督は柏木選手の不在を上手く利用していた。

試合後の記者会見で長谷川監督は「柏戦で柏木が怪我した後に、ダブルボランチが2枚とも落ち(DFラインに入る)ピボットの所に入る。浦和はサイドの攻撃に圧力が掛かる。サイドが押し込んで来る圧力を感じてDFラインが下がった。前線の選手にプレスに行かせて、ラインを高く取れと話した。最後は危ない場面があったが、内田が良いプレーをしてくれた。井手口がボランチに入って、今ちゃん(今野選手)が最後まで良いパフォーマンスだった」と笑った。柏木選手の不在の浦和を分析して長谷川監督は、見事に策を練って修正していたのだ。内容が良く、G大阪を圧倒して負けたのではない。確かに圧倒していたが、G大阪の策に嵌ってしまった感は否めない。

また、天皇杯で好調を見せていた李忠成選手は「相手より先手が取れれば良かった。完璧な崩しがなくて負けた。ガンバは、うちに対して自信があるんだ。ヤットさん(遠藤選手)のように流れを感じ取れる選手がいて、リラックスしていた」と悔しそうに話した。確かにG大阪の選手たちは、リラックスしていた。選手バスから降りて会場入りした浦和の選手たちは、みんな眉間にしわを寄せたいが、G大阪の選手たちはバスから降りるときにスタッフとハイタッチしてこの決勝の舞台を楽しんでいた。その光景を見たときに、前日練習後に鈴木啓太選手が「勝ちたい気持ちを冷静にコントロールすることが大事」と言っていた言葉を思い出してしまった。G大阪の選手たちは、上手くメンタルコントロールが出来ていた。

浦和の前に立ちはだかる大きな壁を打ち破り、タイトルを1つ獲ることが出来たら、浦和は変われると思う。だが、その大きな壁を打ち破るには険しい道が待っている。

阿部勇樹選手が「新年早々笑えなかった。本当に申し訳ない。結果が出せず、最高の始まりにならなかった。ここから上がって行くしかないんだ。やってきたことをブレてはいけない。16年1発目がダメだったが、1年後に昨年は最高だったという1年にしたい。タイトルを獲れれば、進んで行ける。今日、勝ってタイトルを獲り続けて行きたかったし・・・。悔しさしか残らない」と唇噛んだ。そして「終わった時に・・・。新年なのに、笑えなかった。残念。啓太とか最後だったのに、良い花道を作ってやりたかった。それだけが残念」薄らと目に涙を溜めていた。本当に、悔しく、情けない1年の始まりとなってしまったが、この敗戦を胸に刻み、今年こそはタイトルを絶対に獲る!キャプテンの阿部選手の決意が心に突き刺さった。

またもG大阪の前に屈することに

(残り 2540文字/全文: 3697文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ