浦和フットボール通信

MENU

【取扱説明書コラム】ブランコ・イリッチ「3バックの中央が主戦場になる可能性が高い」(河治良幸)(2016/1/7)

浦和レッズに2016シーズンから新加入する選手はどんな選手なのか。取扱説明書的コラムをお送りします。第2弾は、Jリーグから欧州リーグ、代表戦まで、プレー分析を軸にワールドサッカーの潮流を見守る、河治良幸氏がカザフタンのアスタナから移籍してきたブランコ・イリッチ選手を解説する。

率直に浦和はタイトル奪取に向け、効果的な補強をした。これまで母国スロベニア、セルビア、カザフスタンのアスタナでリーグタイトルを獲得した経験を持つスロベニア代表DFが、UEFAチャンピオンズリーグ15−16のグループリーグ6試合にフル出場したことはすでに多くのメディアで伝えられるが、移籍してすぐに迎えた予選2回戦から先発し続け、安定したパフォーマンスを披露している。

アスタナでのハイライトがグループリーグ第4節のアトレティコ・マドリー戦。右サイドバックで出場したイリッチは相手サイドハーフのスペイン代表MFコケをマークしながら、ワイドに流れてくるフランス代表FWグリーズマンの仕掛けを封じ、逆サイドからのクロスに飛び込むフェルナンド・トーレスに厳しく寄せてシュートを外させるなど、獅子奮迅の働きでスペインの強豪とスコアレスドローを演じる立役者となった。

この試合で見られた様に、本職はセンターバックだが必要に応じて右サイドバック、またボランチもこなすことができる。そのベースにあるのが188cmの長身に似合わない機動力と確かなボールスキルであり、前からのプレッシャーに動じずボールを捌ける能力はビルドアップを重視する浦和の攻撃スタイルにもフィットする期待が高い。

(残り 1718文字/全文: 2386文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ