浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう番外編】2016シーズン浦和新入団会見<イリッチ、駒井、福島、岩舘、山道強化本部長コメントあり>(2016/1/13)

TAK_9002

山道強化本部長「この4年間で足りなかったものを補完してくれる4人」

朝晩の冷え込みが厳しくなった1月13日、新入団記者会見が埼玉スタジアムにて行なわれた。

2016シーズン浦和の新加入となる選手は、FCアスタナ(カザフスタン)からスロベニア代表DFブランコ・イリッチ選手。湘南からDF遠藤航選手。京都からMF駒井喜成選手。作陽高校からMF伊藤涼太郎選手。専修大学からGK福島春樹選手(昨シーズンは特定指定選手として浦和に所属)。水戸から完全移籍となったGK岩舘直選手(昨シーズンは水戸からレンタル移籍)の6選手となった。

遠藤選手はリオデジャネイロオリンピック最終予選のU-23日本代表の為に、伊藤選手もU-18日本代表ロシア遠征の為に不在となり、後日改めて入団会見を行うこととなっている。

TAK_8883

山道守彦強化本部長を先頭に、イリッチ選手、駒井選手、福島選手、岩舘選手は少し緊張気味に記者会見場に姿をみせた。そして、山道強化本部長より「ミシャ体制(ペトロビッチ監督体制)4年でタイトルが獲れない事実を重く感じている。過去2回ACL予選敗退、昨シーズンは72ポイントで4敗と、良くやってくれた成績だったが、タイトルの結果がついて来なかった。今シーズンはACL予選突破して、上までいきたい。リーグは72ポイント以上の勝ち点を獲らないといけない。新しいパワーをつけないと、今年は厳しい」と昨シーズンを振り返り身を引き締めて話した。

TAK_8983

(残り 1585文字/全文: 2190文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ