浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】浦和レッズの2016シーズンが始動(2015/1/15)

TAK_9090

新たなシーズンの幕開け

さいたま市内の神社で必勝祈願を終えた浦和は、気持ちを新たに今シーズンの初練習を行なった。今シーズン、浦和の未来が晴れやかなものとなることを確信しているかのように、雲ひとつない晴れ渡る青空の下で練習が始まった。

TAK_9072

ミーティングを終えた選手たちは、午前11時からトレーニングルームで軽く身体を動かした後に、ピッチに姿を見せた。フットサルコートで体幹を中心としたフィジカルトレーニングを行ない、3グループに分かれてボール回し、ステップワークを入れたランニングなどで1時間15分で初日の練習を終えた。

TAK_9020

 

初めての体幹メニューやステップワークに戸惑うイリッチ選手にはズラタン選手が寄り添い、駒井喜成選手には福島春樹選手が気を遣って教えていた。リラックスしたムードで行なわれたボール回しでは、選手たちから笑みがこぼれていた。もちろん、イリッチ選手はズラタン選手と同じ組みでボール回しに参加し、駒井選手は槙野智章選手や宇賀神友弥選手、阿部勇樹選手たちとコミュニケーションを深めるように参加していた。

(残り 402文字/全文: 857文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ