浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう番外編】2016シーズン レッズレディース新加入記者会見<吉田監督、筏井、北川、長島、遠藤、塩越、松本、木崎コメントあり>(2016/1/17)

TAK_9646

期待の新加入選手7名

レッズフェスタで賑わいを見せた浦和駒場スタジアムで、フェスタ終了後にレッズレディースに今シーズンから新たな力となる頼もしい新加入7選手の記者会見が行われた。

吉田靖監督から「新加入の7名を加えることを嬉しく思っています。筏井りさは、ジェフからの移籍となった。ジェフと対戦した時に彼女にやられていた。得点能力もあり、セットプレーのキッカーにもなる。得点力をあげるために必要。

北川ひかるは、昨年は強化指定選手と試合にでた。今年は、更に成長してチームの中心選手になる。日本を代表する選手になって欲しい。

長島洸は、日本体育大学出身だが、もともとユースの下部組織出身だ。ユニバー日本代表でも活躍したセンターバック。攻守共に安定している。うちのセンターバックのレギュラー争いに加わって腓強い。

遠藤優もユース出身でスピード力がある。レディースの中でもトップクラスのスピードだ。

塩越柚歩は、同じくユースからの昇格で能力が高い選手だ。ドリブルもパスも運動量もある。

松本真未子もユース出身でU-17世界大会で最優秀GKに選ばれた。うちには、池田も平尾もいるが遜色ない力を持っている。

木崎あおいは、テクニカルでパス能力が高い。1年目から試合に出られるように努力して欲しい」と新加入7選手を紹介しながら期待を寄せた。

TAK_9622

筏井選手「今まで経験してきたことをしっかりと出せればチームの力になれる」

(残り 1748文字/全文: 2339文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ