浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう番外編】極寒の中、レッズレディース始動(2016/1/21)

IMG_0007

大雪の影響で2日遅れての始動

関東地方が大雪に見舞われた1月18日、本来であればレッズレディースが始動するはずであった。大雪のために送電線が切断したり、ピッチコンディションの影響のために2日遅れの20日、レッズレディースが始動した。

照明塔が点灯する前の暗闇の中、午後6時前にレッズレディースの選手たちは人工芝のコートに姿を見せた。雪かきをしてある人工芝のコートを見て「あっ!雪がない」「緑が見える」と選手たちは嬉しそうであった。

レッズランドに積もった雪の表面は凍りつき足を入れるとザックと音がするほど冷え込み、気温1℃の中で練習が始まった。軽くランニングをしたあとに、ストレッチをして本格的なランニングが始まった。選手たちの吐く息は白く、雪かきがしてある人工芝のコートでも凍っているのか、シャリ、ジャリと選手たちの足音が、暗闇に包まれるレッズランドの静寂を打ち消していた。

1対1となり、ボールを持っている選手がステップワークで相手にタッチされずに交わして抜く動きの激しいステップワークが行なわれた。激しい動きを伴う練習が始まると腰痛のために平尾知佳選手と昨シーズンU-23日本代表で左足首骨座礁をした加藤千佳選手は、別メニューとなった。

(残り 1541文字/全文: 2058文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ