浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう番外編】2016Jリーグプレスカンファレンスレポート<柏木、ペトロヴィッチ監督コメントあり>(2016/2/18)

IMG_9802

開幕を告げるJリーグプレスカンファレンス

Jリーグ24年目の春を迎え、J1・J2・J3合わせて38都道府県53クラブが華やかに都内某所に集結し、Jリーグプレスカンファレンスが開催された。2月27日の開幕戦の対戦カードごとに選手が登壇した。一番最初に紹介されたカードは、柏対浦和戦で注目の高さを表していた。

IMG_9458

村井満チェアマンは「昨年の2nd制に賛否はあるが、サッカー発展のために頑張って来た。キックオフから15分で得点が約10%増えた。逆転ゲームが、約20%、ペナルティーエリア外からのシュートが約43%増えた。最初から最後まで諦めないサッカーが見られた。観戦者も初の1千万人を超えた。ホームタウンの絆を大切にした。3クラブがU―23のチームでJ3に参戦する。また、今年から、サテライトリーグも復活し育成に力を入れて行く。そして、タフで激しく、スピーディーでフェアー、プラスクオリティープロジェクトを継続して行く」と話し、昨シーズン優勝した広島の青山敏弘選手と笑顔でJリーグ憲章にサインを入れた。

IMG_9505

浦和を代表して出席した柏木陽介選手は「自分たちの力が出せない悔しい大会であった」と昨シーズンのACLを振り返り話し、広州のジャクソン・マルティネス選手のことを聞かれると「マルティネスは正直分からないですが、広州には凄い選手が揃っている。強い選手は、DFに任せ自分は攻撃的に前にいく」と話した。

IMG_9562

(残り 640文字/全文: 1231文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ