浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう番外編】淵田代表「タイトルが必要だ」『Talking REDS 2016』レポート(2016/2/19)

IMG_0141

淵田代表「チームは確実に成長していることを感じてもらうためには、タイトルが必要だ」

春を感じられる穏やかな陽気となった2月19日。従来行われていたファン・サポーターの参加型の「Talk On Together」と趣を変えてトークショー形式の「Talking REDS 2016」が、さいたま市文化センターで開催された。

第1部では、淵田敬三代表から今シーズンのクラブとチームの方針が語られた。淵田代表から、浦和レッズの理念やビジョン実現に向けてあるべき姿やリーグ平均入場者数4万3千人など具体的な数字目標が掲げられ、あらゆる面でアジアのリーディングクラブを目指す話がされた後、2011年から昨シーズンまでの勝ち点・順位・得失点がグラフの説明がされ「継続して年々勝ち点が増加している。昨シーズンのインターセプトの数が多いのは、レッズで奪われた後の守備や高い位置からのプレスが徹底している。選手たちには、よりピッチの上で規律を求めていく。攻守の切り替えを早くし、より相手陣内で戦う時間を増やすサッカーに取り組む。チームは確実に成長していることを感じてもらうためには、タイトルが必要だ。変わらぬご支援をお願い致します」と話した。

そして、中期的な強化として期限付き移籍の活用やトレーニング環境の整備などをあげた。また、ファン・サポーターのみなさんと信頼関係を築き、浦和レッズを楽しみに、浦和レッズで幸せになってもらえる関係を築くために、REX CLUBの取り組みなどの説明がされた。

最後に「現状に甘んじることなく、絶えずより良い方向に改善する意識を持って行動していく。感動・勇気・希望・夢・誇り・喜び・共感を提供していかないといけない。全力を尽くしてタイトル獲得を目指して行きます」と固い表情で話した。

IMG_0142 IMG_0149 IMG_0152 IMG_0158 IMG_0154

(残り 1577文字/全文: 2317文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ