浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】恩師との対戦となる武藤「9番に値するプレーをしたい」<武藤、関根、永田、遠藤コメントあり>(2016/2/23)

IMG_0202

武藤「9番に値するプレーをしたい」

仙台時代にシドニーFCのアーノルド監督の下でプレーをしていた武藤雄樹選手は、公式記者会見でアーノルド監督が危険な選手の1人に武藤選手の名前を上げたことを知ると「覚えていてくれて嬉しい。監督が就任して、使ってもらえるようになった自信がついた。良いプレーを見せたい」と嬉しそうに話した。そして「周りの皆さんは、僕の9番に期待を込めて見てくれている。最初の試合なので、9番に値するプレーをしたい」と意気込み「シドニーは、みんなデカい。高さではかなわないが、走ることでは、負けない。ホームで勝たないといけない。予選突破は、ホームで勝つことだ。ボールは、重い感じで、シュートがぶれるから、キーパーは嫌だと思う。シュートを打って、零れ球を狙いたい」と泥臭くゴールを狙っていく。

(残り 947文字/全文: 1296文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ