浦和フットボール通信

MENU

ハイライト動画付き【河合貴子の試合レビュー】明治安田生命Jリーグ 1st第1節 vs柏レイソル 槙野、西川、興梠、柏木、武藤、宇賀神、李、阿部、ペトロヴィッチ監督コメントあり>(2016/2/28)

今日のポイント!!

李選手のシュートのこぼれ球を狙って走り込み先制点を叩き出し、また苦しい時間帯にズラタン選手にドンピシャ合わせたCKも武藤選手であった。1ゴール1アシストの武藤選手の活躍を褒めたい。

また、守備面では遠藤選手を加えた新たな布陣で挑み槇野選手の統率力と遠藤選手の力強いDF力とポジショニングの良さが光っていた。

槇野選手は「今シーズンのテーマの1つは、1対1の強さ、球際、攻守の切り替えだ。昨シーズンの反省点で、DFラインが下がるとか、60分以降のバランスが崩れた点があった。リベロに入って声がけすることだった」と高い意識のもとでプレーをしていた。

西川選手は「マキがバランスでも声を掛けてリスクマネジメントをしてくれた。遠藤は、ボールを獲るところの能力、強さが優れている。ワンプレーで獲ってくれる頼もしさがある。空中戦も信頼している」と好評価していた。

疲れ切った表情を浮かべて興梠選手は「内容は良くなかった。前に行く力が弱くなってしまった。柏のカウンターの恐さは無かったが、点が入る雰囲気が無かった中で追加点は良かった」と話した。

柏木選手も「めちゃきつかった。もう少しボール触りたかったのに、シンプルに動けなかった。みんなの頑張りで勝った」と話していたように、上手くいかない時でもお互いをフォローしあって勝利を収めることが出来た。

(残り 2724文字/全文: 3321文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ