浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】守備を固める相手を崩す方法を念入りにチェック(2016/3/4)

IMG_0457

退いた相手をどう崩すのか、課題を持って

桜の蕾も大きく膨らむ好天気となった3月4日。浦和は、ホーム開幕となる磐田戦に向けて午前11時から練習を行った。ACL浦項戦で敗戦を喫し、韓国から帰国したメンバーは気持ちを入れ替えて練習に臨んだ。

IMG_0377

浦項戦でフル出場した槇野智章選手、永田充選手、駒井善成選手たち7名は、ステップワークを取り入れたランニングとストレッチで軽く体をほぐした。西川周作選手は、GK練習のアップに参加した後、土田コーチと一緒にランニングを行った。他のメンバーは、通称“鳥かご”のボール回し、パスの基本などアップを行った。選手たちは、リラックスムードで笑みを見せていた。しかし、ハーフコートでサイドの幅を5m縮めた9対9のミニゲームでは、真剣勝負そのものの動きを見せ、激しいポジション争いを物語っていた。

(残り 1539文字/全文: 1894文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ