浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】コンビネーションを高めて、守備を固めるであろう福岡を崩す(2016/3/9)

IMG_0590

中から攻撃の組み立てを意識した練習に取り組む

真冬が戻って来たように、気温6℃とグッと冷え込んだ3月9日、午前10時から練習が始まった。日本代表合宿のため、西川周作選手や槙野智章選手、遠藤航選手、柏木陽介選手、武藤雄樹選手、興梠慎三選手の6名が不在。また、伊藤涼太郎選手もU-19代表合宿のための不在と合計7名の選手がチームを離れていた。さらに、イリッチ選手は室内でコンディション調整、宇賀神友弥選手は室内とピッチ周りを軽いランニングで調整を行っていた。

IMG_0574

9名の選手が欠け、こんなに選手がいないのか?!と少し寂しさを感じる状況であった。アップのボール回しは通常3グループで行うところ、2グループで行われていた。チームに発揮をもたらすように、一際声を出して盛り上げていたのは、森脇良太選手であった。森脇選手の声に思わず周りの選手もつられて、笑みがこぼれていた。

(残り 1647文字/全文: 2024文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ