浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】武藤「福岡戦は堅い守備で厳しい試合になる」 <武藤、宇賀神、興梠、槙野、西川コメントあり> (2016/3/11)

IMG_0725

武藤「福岡戦は堅い守備で厳しい試合になる」

震災当時、仙台に所属していた武藤雄樹選手は「思い出すことが沢山ある。思い出すことが大事だ。あの日のことを忘れないようにしたい。復興は、終わることはない。仙台でプレーしていた僕が、良いプレーをすることで思いを届けたい」とプレーで被災地へと思いを届ける。

そして、福岡戦にむけて「守備的に戦ってくることは、チームとして理解している。堅い守備で厳しい試合になる。前回(磐田戦)、自分たちのプレーが出来なかった。相手の守備を崩すためにいろんなことがある。中を固められているから、外(サイド)はいつでも使える。中から崩すことが大事になってくる。前回は、前線の3枚が下がり過ぎた。DFラインとの駆け引きを上手くやりたい。サイドと中を使い、いろいろな攻撃で相手DFラインは崩れる。絶対にチャンスは来る」と福岡の堅い守備を崩していく。

(残り 1394文字/全文: 1773文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ