浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付き>【河合貴子の試合レビュー】明治安田生命J1リーグ 1st 第3節 vsアビスパ福岡<遠藤、柏木、興梠、西川、梅崎、武藤、関根、駒井、井原監督、濱田選手(福岡)コメントあり>

浦和フットボール通信の更新情報通知サービス(Chrome、Firefox、Androidに対応)


今日のポイント!

「同じ失敗はしない!」ピッチに向かう浦和の選手の真剣な眼差しが物語っていた。浦和のプライドが引き裂かれた磐田戦の敗戦から、槙野智章選手と森脇良太選手を本来のポジションに戻した。リベロの遠藤航選手は「攻撃は縦パス、サイドチェンジを意識した。守備は、リスクマネジメントしながら、モリ君と槙野君と阿部さんとで声を掛け合い4人で上手く守れた」と嬉しそうであった。

しっかりとしたリスクマネジメントと攻守の切り替えの早さで福岡の狙いとするカウンターを封じ込め、攻撃のクオリティーを上げる連動した練習の成果も出た試合だった。井原監督が、試合後の記者会見で「力の差を痛感するゲームになった。個の質、チームとしての成熟度、力が無かった」とように歴然と差が出た試合であった。

また、古巣対決となった濱田水輝選手は「力の差が出た。その中で前半0-0で終えたかったが、失点してしまった。自分がマークについていたのでかなり悔しい。レッズのいつもの形でサイドチェンジからワンタッチクロス。自分は分かっていたが、慎三君が速かった。(シュート)コースが無かったので、遅らせてもゴールに入らないと思ったが、上手かった。J1とJ2のレベルの差だ。ゲームプランは、前半0-0で守らなくてはならなかった。自分のマーク・・・。悔しい。不完全燃焼だ」と浦和の手の内は分かっていても止められない悔しさを話していた。

しっかりと修正を図ったことが、浦和に勝利を呼び込んだと言える。ただ、試合後に武藤雄樹選手や梅崎司選手、李忠成選手が「ゴールが決められずに悔しい」と話していたように、完膚無きまでにゴールを奪い圧倒した勝利を収めたかったのも事実である。

無失点で福岡を破り、ホーム初勝利を飾る<遠藤、柏木、興梠、西川、梅崎、武藤、関根、駒井コメントあり>

(残り 2939文字/全文: 3787文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ