浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】判断力と運動量が求められる練習をこなす(2016/3/25)

IMG_0844

判断よく、コンビネーションを高めて

少し風が冷たさは感じるものの、穏やかな春の日差しが降り注ぐ午前10時から練習が始まった。代表ウィークに伴い、西川周作選手、槙野智章選手、柏木陽介選手がA代表。遠藤航選手、関根貴大選手がU-23日本代表。伊藤遼太郎選手がU-19日本代表の活動のためにチームを離れているが、昨日からコンディション不良で離脱していたイリッチ選手がチーム合流して怪我で離脱している選手がいない状況で中断期間を迎えた。

IMG_0827

ストレッチを入れた軽めのランニングでアップが始まり、3グループに分かれて通称“鳥かご”のボール回しが始まった。加賀健一選手と宇賀神友弥選手、武藤雄樹選手たちのグループでは、一番ボールに対する執着心が強く、「タッチしてない」「タッチしたよ」「俺じゃない」と揉めるシーンが多くかなり熱くなっていた。判定を下すレフリーがいないため、公平を喫すためにジャンケンで鬼を決める回数が、3グループの中で一番多かった。

その後、基本のパス練習が行われて、恒例のミニゲームが10対10で始まった。

(残り 1705文字/全文: 2156文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ