浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】2016プレナスなでしこリーグ1部・第1節 vs日テレ・ベレーザ<栗島、北川、筏井、塩越、池田、吉田監督コメントあり>(2016/3/28)

今日のポイント!「栗島選手は、今日の試合の影の功労者でありMVPだ」

前半のプレスの掛け方は、見事であった。90分はもたないと誰もが感じていた。前半の前線から嵌め込む守備と後半のブロックを形成する守備を使い分けていた。

特に、栗島朱里選手と猶本光選手のバランスと距離感が素晴らしかった。仙台に移籍してしまった岸川奈津希選手とは違い、栗島選手の持ち味が出るようにボランチ2枚を並べるポジショニングに吉田監督は変えた。その監督の期待に見事に栗島選手は応えたのだ。

「バランスを意識して、距離感を大事にした。でも、後半の早い時間にギュンという感じで足が攣って動けなくなってしまった。体力と気持ちはあったが、足が・・・。水をいっぱい飲んだのに、バナナも食べました。なのに足が攣ってしまった」と悔しがっていた。

栗島選手は、2014年の左足前十字靱帯損傷、半月板、内側足副靱帯損傷と大怪我を負って苦しんだ。怪我が完治してからも思ったプレーが出来ずにいた。苦しんできた怪我を負ったのは、味の素フィールド西が丘の日テレ戦であった。約2年におよぶ年月を重ねて、その同じピッチで輝きを放ったプレーを見せた。引き分けで終わった試合であるが、浦和が素晴らしい見ごたえのある守備が出来たのは、中盤で良いバランス、良い距離感を保ちプレーしていた栗島選手のお陰である。栗島選手は、今日の試合の影の功労者でありMVPだと思う。

遂に!なでしこリーグ開幕!

(残り 2559文字/全文: 3166文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ