浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】駒井「点に絡む仕事をしたい」<駒井、興梠、遠藤コメントあり>(2016/4/1)

IMG_1187

駒井「試合に出たい」

ビブ組を圧倒したビブなし組で攻守に渡り良いバランスを保ちながら、得意なドリブルで攻撃の起点となっていた駒井善成選手は「僕たちも(ビブなし組)試合に出たい。アピールするためのモチベーションで、腐らずに懸命にやる姿勢が伝わった良い連携が出来た。タカ(関根選手)もトシ君(高木選手)ギラギラしていたから良いコンビネーションが生まれたと思う」とミニゲームでの手応えを感じて、嬉しそうに笑った。

「甲府は、J2の時から堅守速攻だった。クリスティアーノなど良い外国人選手がいる。クリスティアーノは一発がある」と警戒心を強めていた。そして「難しい試合になるが、焦れないことだ。1点入れば勝利は近づく。90分の中で1点で良いんだ。急ぎ過ぎるとカウンターを食らうから駄目だ。我慢だよ。甲府は、相手にボールを持たれていると体力的に苦しくなるから、カウンターに出てくる体力を奪って遣る。試合展開によるけど、自分がピッチに入るときは、同点か戦況が思わしくない時だと思う。だから、点に絡む仕事をしたい」と途中出場した暁には、ゴールへと向かう攻撃的な姿勢を出して行く。

IMG_1060

興梠「セットプレーからの得点が大事」

(残り 651文字/全文: 1148文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ