浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】プレナスなでしこリーグ1部・第2節 vsアルビレックス新潟レディース<吉良、栗島、塩越、長船コメントあり>(2016/4/3)

今日のポイント!!「上尾野辺選手の鋭い読みとゲームコントロールに敗戦を喫する」

新潟のブロックを作りボールサイドにスライドする守備は、凄く組織的で浦和に自由に展開させなかった。日テレ戦で見せた浦和の前からプレスを掛けて嵌め込み、相手陣内でボールを奪う守備は、新潟には上手く行かなかったが最終ラインで身体を張ったプレーで阻止していた。

吉田監督は「日テレは、ボールを動かすのでコンタクトしやすかったが、新潟はプレスを掛けると蹴って来るので嵌まらないと思っていた。守備が甘かったわけではない。大きく崩れたのは、2点目ぐらいだ。ちょっとしたところで勝負を分ける。相手の得意のセットプレーでやれた」と話した。

セットプレーを含めて、攻守に渡り試合の流れを作る活躍を魅せていたのは、上尾野辺めぐみ選手であった。上尾野辺選手がピッチの中で声を出し、新潟の選手を統率していた。上尾野辺選手の活躍はそれだけではない。1点を追いかける浦和は、79分に猶本光選手のスルーパスを受けた柴田華絵選手のシュートチャンスの芽を摘んだのも上尾野辺選手であった。
スキルの高いテクニック、ベテランの鋭い読みとゲームコントロールに浦和は敗戦を喫した。

ホーム開幕新潟戦、白星飾れずに惜敗

満開の桜がなでしこリーグホーム開幕戦に花を添え、浦和駒場スタジアムに新潟を迎えた。開幕戦を昨年の女王日テレと1-1の痛み分けに終わったが、手応えは十分にあった。その流れをくんで、ホーム開幕・新潟戦のスターティングは日テレ戦と同じメンバーであった。

(残り 1924文字/全文: 2568文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ