浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】ACL予選突破に弾みを付けてるために、広州戦に挑む(2016/4/4)

ペトロヴィッチ監督「共に戦いスペクタクルな夜になる」

昨夜から降り続いた雨も止み、花曇りとなった4月4日。混戦模様となったACL予選グループH組。浦和は、未勝利の広州をホームに迎えて挑むこととなった。

先に公式会見・練習を行ったのは、浦和であった。公式会見に臨んだペトロビッチ監督は「非常に難しいアウェイでの闘いだった。アウェイで闘ったよりもさらに難しいゲームであろう」と眉間にしわを寄せた。

そして「相手は、質の高い選手が揃った強いチーム。我々は、アウェイで見せたゲームは、十分に渡り合える強いチームである。グループリーグ突破するためには、勝利をしないといけない。ACLのファイナルだという意気込みで明日のゲーム挑む」と力強く話した。

広州側がチケットを爆買いした情報を受けて「浦和のサポーターは、日本でナンバー1だ。良い時も悪いも共に闘って来た仲間である。広州のサポーターが6000人来ると聞いている。逆に浦和のサポーターを刺激した。より多くのサポーターが来て後押ししてくれる。必ず、スタジアムに駆けつけてくれる。共に闘いスペクタルな夜にしてくれる」と浦和のサポーターの後押しに期待を寄せた。

ペトロビッチ監督と同席した宇賀神友弥は「広州の3人の外国人選手は強烈。アウェイと言うこともあり、広州では立ち上がりから雰囲気に飲まれて失点したが、90分通して自分たちの方がチームとして完成されている。個々も劣っていない。特にコンビネーションサッカーの質は、相手よりかなり自分たちの方が完成されている」と自信たっぷりに話した。

浦和は、サブグランドでアップを行った後に埼玉スタジアムのピッチへ移動して1時間の練習を公開した。アップが終ると阿部勇樹選手、ズラタン選手、関根貴大選手は別メニューでコンディション調整となった。

(残り 1336文字/全文: 2088文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ