浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】広州戦に鼻息を荒げる、興梠「この一戦に強い気持ちを持っている」<興梠、西川、遠藤、駒井コメントあり>(2016/4/4)

興梠「この一戦に強い気持ちを持っている」

ミニゲームのビブなし組ながら好調な動きを見せていた興梠慎三選手「ACL突破するには、この一戦は大事だ!ここで負けたらほぼ上には上がれない!強いモチベーションで、強い気持ちを持っている」鼻息が荒かった。そして「外国人選手を押さえれば勝てる。個人的には頭から(試合開始から)出たいが、連戦だし・・・。チームとして途中から出て結果を出すのは重要だと思う。ベンチで、前半をある程度、何処が弱いか確認出来る。前半に相手がどう言うプレーをするか見ている。まぁ~ピッチに入って見ないと分からないけど、前線の3人のコンビネーションで簡単に崩せる。広州のサポーターが何千人もくるかも知れないが、浦和のサポーターも凄いんだ!いつも助かっている」と話した。

(残り 682文字/全文: 1019文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ