浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】AFCチャンピオンズリーグ第4節vs広州恒大<西川、遠藤、柏木、宇賀神、武藤、興梠コメントあり>(2016/4/6)

今日のポイント!!「お金ですべてが買えないことを見せた」

埼玉スタジアムの夜空に「WE ARE REDS」の勝利の雄叫びが響き渡っていた。試合中、選手を鼓舞する浦和のゴール裏から聞こえて来る声は、この一戦に掛ける思いが伝わる迫力があった。

ミシャ監督が試合後の記者会見で「お金で全てが買えないことを見せた!3人の素晴らしい外国人選手だが、チームで上回れたことを示した」と話した。選手、ファン・サポーターが一丸となって闘った結果だと思う。

2点目、3点目を獲れるチャンスで決めきれなかったことに悔いが残る。やはり、1点リードした中で広州のパウリーニョ選手、リカルド・グラル選手、ジャクソン・マルティネス選手のスキルの高い一発は脅威であった。そこを、阿部勇樹選手を中心に槙野智章選手、遠藤航選手、西川周作選手が良く止めていた。

後ろから飛び出して来るパウリーニョ選手にゴールを脅かされたが、広州の得点源であるジャクソン・マルティネス選手にはシュートを1本も撃たさなかった。

西川選手は「集中切らさずに、何かあるなぁ~と考えながらやれた。気持ち的に今日は余裕があった。メンタルでプレーが変わると思った」と話し、槙野選手は「甲府戦の失点で、ロッカーでも帰りのバスの中でもみんなが反省した。失敗から学んだ。一寸したミスに対してこうした方が良いと話し合えた」と話していた。

遠藤選手は「1対1に負けない意識をした」と話した。相手の個人技をしっかりと押さえることが出来たのが、今日の勝利に繋がった。

そして、柏木陽介選手が「自分たちの強さを示せたと思う。Jのクラブでも球際に強く闘えることを示せた」と誇らしげに話した。そして、身を引き締めるように「監督は今日の勝利を喜んでいたが、まだグループリーグを突破したわけでは無い!より質の高いものを求めて行く」と決意を新たにした。ACL予選も残すところあと2試合!最後まで気を抜かず突破を一丸となって目指して行く!!

浦和を愛する全ての人々が一丸となって、広州を撃破!!

ACL予選リーグ突破を掛けた両者譲れない闘いを目前に、今にも雨が降り出しそうであった。街灯の明かりに照らし出された埼玉スタジアム周辺の桜は、妖艶な輝きを放って両者を迎えていた。決戦の舞台となった埼玉スタジアムには、平日の夜にも関わらず3万282人の人々が試合の行方に固唾を飲んでいた。

浦和は、週末に控えているJリーグ横浜FM戦を視野に入れて、前線をズラタン選手のワントップに武藤雄樹選手と梅崎司選手をシャドーに置き、右のワイドを関根貴大選手に任せて、浦和の得点源である李忠成選手と興梠慎三選手をベンチスタートとして挑んだ。ミシャ監督は「ファイナルだと思って闘え!」と選手を鼓舞し、浦和のサポーターは「威風堂々」の歌声で選手たちを迎えた。

(残り 2443文字/全文: 3600文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ