浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】高木「仕掛けて打開できるオプションであることを示したかった」<高木、永田、駒井、岩舘コメントあり>(2016/4/11)

IMG_1367

高木「シャドーとトップの崩しが出来なかった」

高木俊幸選手は、前日の横浜FM戦を振り返りながら「シュート15本対5本。かなりうちの方が撃っていた。最後の決めるところで、最後の質をもう少し上げないといけないと思う。自分は、観ていた側だし・・・。連戦でみんなが闘っていて、退かれたらきつい。自分は、昨日みたいな試合で入っていたら、仕掛けて打開出来るオプションであることを今日の練習試合でしっかりと見せて、結果を残したかった。シャドーに入って前線3人の関係で崩したかった。シャドーとトップの距離感が悪かった。自分がワンタッチで直君(石原選手)に出したりしたかった。後半は、距離感が出て縦パスが入って来たが、相手に突かれてしまった。退いてボールをもらうのに、ワイドが空くわけでもなかった。ストッパーが高い位置でボールを運べたが、やろうとしているシャドーとトップでの崩しが出来なかった」厳しい表情を浮かべていた。

IMG_1357

永田「いろんなポジションが出来るチャレンジをしていきたい」

(残り 1158文字/全文: 1587文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ