浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】明日ACL浦項戦。お互い大幅にメンバーを入れ替えて臨む (2016/5/2)

TAK_0483

ACLグループステージ首位通過を目指して

埼玉スタジアムのサブグランドを使ってアップが行われた。ACLグループステージ突破が決まっているだけに、選手たちは比較的穏やかな表情を浮かべていた。帯同のメンバーを見ると、浦項戦を復帰の目標としてリハビリに取り組んでいたズラタン選手の笑顔も見られたが、槙野智章選手、遠藤航選手、阿部勇樹選手、宇賀神友弥選手、関根貴大選手、武藤雄樹選手、李忠成選手の7名が不在であった。

いつもなら3グループに分かれて行われる通称“鳥かご”のボール回しは、2グループで行われていた。30分ほどのアップを終らせた選手たちは、埼玉スタジアム内へと移動を始めた。練習で使うボールを堀コーチが運ぶ姿を見た森脇良太選手が、掛けてボールを受け取る気遣いを見せていた。森脇選手らしい心配りであった。

TAK_0529

埼玉スタジアムでの練習は、恒例のミニゲームが行われた。だが、帯同メンバーが少ないためにペナルティーエリアのラインに横幅を合わせ、9対9の変則的なミニゲームとなった。

(残り 917文字/全文: 1350文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ