浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】前日会見に臨んだ、ペトロヴィッチ監督「誰もが勝つことを意識して闘う一番のベストをぶつけて勝利を目指す」<ペトロヴィッチ監督コメントあり>(2016/5/2)

TAK_0469

ペトロヴィッチ監督「日本を代表するチームとして、明日は全力で闘いたい」

少し肌寒く、曇り空が広がった5月2日。既にACLグループステージ予選突破を決めている浦和は、この先の試合展開を楽に闘うためにH組グループステージ1位通過を目指している。

首位を走るシドニーFCとは、勝ち点2差。浦和が浦項を破り、シドニーFCが広州恒大に敗戦すれば浦和が勝ち点11で1位通過とり、ノックアウトステージでグループステージF組2位の山東と対戦することなる。2位通過の場合は、今シーズン無敗を誇るソウルと対戦することとなる。

ACLとリーグを狙う浦和にとって、浦項戦をどのような位置づけで考えるのかがポイントとなる。ゴールデンウィークの連戦となり週末には浦和のプライドをかけた、さいたまダービー大宮戦が控えている。メンバーをどのように考えるかが監督の手腕に掛かっている。

練習が始まる前に行われた公式記者会見で、ミシャ監督は「明日のゲームは、チームにとって大事なゲームだ。首位通過を目標に、明日は闘わないといけない。浦項は、グループリーグ突破出来ない状況だが、日韓戦は常にハードだ。我々のホームだし、日本を代表するチームとして、明日は全力で闘いたい」と身を引き締めるように話した。

(残り 537文字/全文: 1063文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ