浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】2016プレナスなでしこリーグ1部 第7節vs伊賀フットボールクラブくノ一<高畑、長船、吉田監督コメントあり>(2016/5/7)

今日のポイント

待ちに待った嬉しい初勝利!!

パスも繋がらず、苦しい展開の中で後半セットプレーの崩れから良く北川ひかる選手のクロスを高畑志帆選手が決めた。勝ちたい気持ちの執念のゴールであった。

その虎の子の1点を身体を張って良く守り切ったと思う。浦和が放ったシュートは、前半は2本、後半は1本と内容を見ても決して良いとは言えない内容であった。だが、今の浦和に取って勝利こそが一番大事であった。

吉田監督は「いやぁ~勝って嬉しいが、今の状況で喜んで良いとは言えない。内容よりも勝つことを意識した。内容自体は、良くない。ボールも動かせず、精神的にも難しかった。今日は、勝つことだ。そのためにセットプレーの練習をしてきた。相手も高い選手を入れて来たが、勝ちきることだけを考えて後ろに人数をかけて安定させた。理想するサッカーからは遠く、動かして崩せなかった。一回、勝っただけじゃダメだ」厳しい口調で話していた。確かに吉田監督の言う通りである。

高畑選手は「GK含めて、声を掛け合い最後まで粘り強くやれたことが無失点に繋がった」とこぼれ落ちそうな涙を我慢しながら笑顔を見せた。長船加奈選手は「今までで一番嬉しかった。思わず涙がこぼれた。今日みたいに粘り強い闘いが出来れば勢いに乗って勝てる」と話した。最後の笛がなるまで守り切って、勝てないプレッシャーが大きかった選手たちは、そのプレッシャーから解き放たれて嬉し涙がこぼれた。

だから、今日だけはこの勝利をみんなで喜びあいたい。勝つことが、浦和レッズレディースにとって何よりも良い薬となっただろう。内容よりも勝ちに拘った勝利であった。この1勝を次節ジェフ市原・千葉戦に繋げて価値ある1勝にしたい。浦和レッズレディースは、ここから這い上がって行く!!

次節ジェフ市原・千葉戦はホーム浦和駒場スタジアムで5月15日17時キックだ!浦和の女たちの反撃が始まる。

1勝の喜びを噛み締めて!!

ゴールデンウィーク終盤の5月7日、風香る青空が浦和駒場スタジアムの上空に広がった。試合終了の笛が高らかに浦和レッズレディースの初勝利を告げると、選手たちは安堵と共にピッチに泣き崩れた。苦しく、歯がゆく、長いトンネルの暗闇に迷い込んだ中で、やっと手にした1勝であった。

チームの中心選手である猶本光選手は、前節の仙台戦で左足首を負傷、スピードを生かした得点力ある清家貴子選手も昨シーズン痛めた右膝を悪化させて戦線離脱していた。開幕戦の日テレ戦を引き分けてから7連敗。「今日こそは~!!」と心に誓い、ホーム浦和駒場スタジアムに伊賀フットボールクラブくノ一を迎えた。

(残り 1283文字/全文: 2364文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ