浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】2016プレナスなでしこリーグ1部 第9節vsジェフユナイテッド市原・千葉レディース<柴田、乗松、塩越、北川、猶本、吉田監督コメントあり>

今日のポイント!

浦和は、セーフティーにタッチラインにクリアーし守備をセットし直して千葉の攻撃を封じたり、インターセプトしても大きく前に蹴り出してDFラインを押し上げる時間を作ったり、繋げることが出来ると判断したらしっかりと繋いでいく、この3つを上手く使い分けることが出来ていた。

吉田靖監督は「余裕がないので、はっきりしたサッカーをした。余裕がある時は、ボールを動かすことを指示した。球際の厳しさも良くなった。基本は負けないことだった。後半の半ば過ぎて1-0なら守るイメージだった」と負けないことを意識して明確なスタイルであった。

選手たちの能力を考えると、前プレスから嵌めてボールを奪ってテンポの良い崩しで点を獲ることが出来るはずである。だが、今のチーム状況を考えると1戦、1戦勝ち点を積み上げて行くことが重要である。負けないサッカーでしっかりと勝利を収めることが出来た。

前節の伊賀戦もセットプレーからの1点を守り切った。だが、1勝したことで選手たちに自信が戻って来た。試合内容も伊賀戦よりも良くなって来ている。

吉田監督は「得点は、セットプレーだけだ。セットプレーの練習はやって来た。流れの中で点が獲れるようにしていきたい」と話した。

負けないサッカーで、流れの中で得点が生まれればもっと自信が付くはずである。少しづつであるが、浦和レッズレディースらしさが戻って来たことを感じられる試合であった。

次節は、アウェー新潟戦である。そこで、勝ち点を積み上げ5月28日ホーム浦和駒場スタジアムで長野を良い形で迎え撃ちたい。

内容よりも結果に拘り、ホームで2連勝

穏やかな日曜日の午後、日差しが西に傾き始めると浦和レッズレディースの選手たちは、ホーム2連勝を目指してピッチへと走り出した。

前節伊賀フットボールクラブくノ一に1-0で今シーズン初勝利を上げた浦和は、2勝3分け3敗と開幕ダッシュが出来ずに苦労してきたジェフユナイテッド市原・千葉をホーム浦和駒場スタジアムに迎えた。

仙台戦で左足首を負傷した猶本光選手は、木曜日にチーム合流したばかりで左足首に不安を抱えながらもスタメン入りしたものの、試合前日練習で高畑志帆選手が頭部を打撲してしまい大事を取って欠場することとなってしまった。

吉田靖監督は「頭を打って、CTを撮った。頭部の打撲だが、頭は生命に関わるので無理はさせられない。高畑は、自宅で静養している。僕が監督になって、高畑を代えたことが無かった。声を出せて統率出来る選手だ」と話した。そして、ゲームキャプテンを柴田華絵選手に初めて任せた。

(残り 2272文字/全文: 3336文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ