浦和フットボール通信

MENU

【5/17練習レポート】明日ACL決勝トーナメント第1戦FCソウル戦。スタメン組は調子上がらず、緊急ミーティングで話し合う。

TAK_1520
Report by 河合貴子

「高萩は、ソウルが狙いとしているアクセントだ」

昨夜から降り続く雨の雨足が多少弱まったが、止むことを知らなかった。ACL決勝トーナメントの初戦は、広島と同じグループFを4勝1敗1分けと1位で勝ち上がってきたFCソウルだ。

ミシャ監督は「選手の希望だ。大原でやった方が、試合に向けて準備がしやすい」と話し、公式記者会見は埼玉スタジアムで行い、試合前日練習を大原で行った。

公式記者会見でミシャ監督は「強いチーム同志の対戦は、力が拮抗した厳しい試合になる。ソウルもレッズも何がなんでも勝ち上がりたいと思っている。180分の厳しい闘いだ」と懸念し「ソウルは、高萩を獲得して起用している。高萩は、ソウルが狙いとしているアクセントだ。動き、パス、アイディア、クリエイティブな部分を求めている。高萩は、良いアクセントを与えている」と高萩選手がソウルに与えた影響力を警戒した。

大原はACL使用となり、通常置かれているスポンサー企業の看板が撤去されたり、クーラーボックスの商品名にもガムテープが貼られていた。また、ファン・サポーターには非公開のため、いつもの大原とは違った雰囲気を醸し出していたが、選手たちはいつもと変わらずにリラックスしてアップのボール回しが3グループに分かれて始まった。

TAK_1558

どのグループも球際に厳しく、激しいバトルが繰り広げられていたが、柏木陽介選手や興梠慎三選手、森脇良太選手のグループではボールが繋がる回数が多かった。ちなみにこのグループで一番鬼になる回数が多かったのは福島春樹選手で、一番ボールを回された鬼は平川忠亮選手と関根貴大選手のコンビで、何と85本のパスを繋がれてしまった。

TAK_1437

また、槙野智章選手が「ウガ(宇賀神選手)のビラ配りで、1万人は集まった?」と話し掛けると、宇賀神選手は「3人」と寂しいそうに答え、「でも、ひとりは絶対に来てくれるって!!握手した」と話した。

(残り 1474文字/全文: 2272文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ