浦和フットボール通信

MENU

【5/19練習試合レポート】流通経済大学に5-0の快勝。

TAK_1633

Report by 河合貴子

最後まで攻撃的な姿勢を貫く

ACLラウンド16第1戦、FCソウルを1-0で完封した余韻は残っていなかった。FCソウル戦のスターティングメンバーは、リラックスした表情を浮かべてクールダウンを念入りに行っていた。FCソウル戦で決定弾を決めた宇賀神友弥選手は「昨日で終わりじゃないですから」と一言残して足早にロッカールームへと姿を消した。

スタメン出場したメンバー以外は、12時キックオフで行われる流通経済大学との練習試合に備えた。

TAK_1640

戦線離脱している高木俊幸選手と一緒にリハビリメニューに取り組み加賀健一選手がいた。加賀選手は右足の太ももの付け根を気にしながら「ちょっと切れているかも知れないけど、大したことはない。違和感程度だ。今日は無理せずにね」と笑顔を見せた。

平日のために、ユースメンバーが参加出来ず、高木選手も加賀選手も離脱しているため交代メンバーがいないことを考慮して、30分×2本で練習試合が行われた。

TAK_1621

流経は、4-3-3のシステムで中盤の構成は23番のワンボランチにシャドーとボランチの役割をする16番と6番がいて、ソウルと似ているところがあった。

(残り 1346文字/全文: 1832文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ