浦和フットボール通信

MENU

興梠「90分で決着がつけば・・・。チャンスはあった。悔しい」 ACLラウンド16 vsFCソウル試合レビュー<李、遠藤、森脇、興梠、西川、駒井コメントあり>

IMG_0043
Report by 河合貴子

勝利のチャンス生かせず、PK戦までもつれた末に、ラウンド16で敗退

浦和よりも涼しく、少し肌寒さを感じる5月25日。ACLラウンド8進出をかけてソウルワールドカップスタジアムでFCソウル戦を迎えた。第1戦をホーム埼玉スタジアムで1-0とソウルを下し、優位な状態でソウルに乗り込んだ浦和であった。更に、多勢に無勢ではあったが、浦和を愛する人々は「PRIDE OF URAWA」をゴール裏に掲げて死力を尽くして闘っていた。

浦和は、第1戦とメンバーと同じであったが、初の全身白のユニホームで勝利を目指しピッチに走って行った。ソウルは、第1戦でアンカーを務めた5番のオスマール・バルバ選手を左のストッパーとして起用してきた。

ソウルのキックオフで始まった試合は、立ち上がりからソウルが主導権を握って来た。

ミシャ監督は「前半は、相手が非常に良い入りをして我々は長いボールを蹴るだけの展開になってしまった」と振り返った。アウェイゴールの1点を浦和が決めようと試みるも、ボールを保持してもシュートまで持ち込めない。

李忠成選手は「シュート撃てば仕留められると言うより、確実にゴールまで持って行けるかだった。後ろの繋ぎでバタバタした」と話していた。

第1戦を落としているソウルは、逆にゴールに向かう積極的な姿勢を見せて行った。

(残り 2578文字/全文: 3139文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ