浦和フットボール通信

MENU

ACLラウンド16 vsFCソウル 今日のポイント「選手達の思いは伝わってきたが、詰めが甘かった」

IMG_0030

Report by 河合貴子

今日のポイント

第1試合を勝利して優位な状況で始まった第2試合、90分の中でゴールを決めきることが出来なかった。しかし、浦和にはACLを勝ち進むチャンスは2度もあった。

延長戦2-1でアディショナルタイム3分を守り切れなかった。そして、PK戦の5人目のキッカーとなった西川選手が決めていれば・・・。だが、PK戦を外した西川選手も駒井選手も「自分の責任だ」と話していたが、全ては、大事な一戦に浦和の詰めの甘さが出た試合であった。

延長に入り内転筋を攣っていた興梠選手は「キープは出来るけど、何で負けるかなぁ?勝つチャンスが2度もあって、負けちゃうかなぁ~。何か甘いですよね。90分で決着がつけば良かったんだ。チャンスもあった。悔しいですね。ACL優勝が一番の夢だったのに・・・」とガックリと肩を落とした。

(残り 413文字/全文: 773文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ