浦和フットボール通信

MENU

【5/28 練習レポート】鳥栖戦に向けて、後方からのビルドアップを確認

TAK_1856
Report by 河合貴子

ACLラウンド16敗退から、気持ちを切り替えて奮起して鳥栖戦に挑む

薄く雲がかかり、はっきりしない空模様となったが、選手たちは気持ちを奮い立たすように明るく笑顔が見えた。

少し長めのミーティングを終えて、11時15分から練習が始まった。

3グループに分かれて行われたボール回しでは、明るく選手たちの笑い声がピッチに溢れていた。特に、那須大亮選手や阿部勇樹選手、宇賀神友弥選手たちのグループでは、槙野智章選手と加賀健一選手が鬼になると「回せ!回せ~」と声が上がり、二人を翻弄するように軽快なパス回しが見られ、槙野選手と加賀選手がたじたじになるシーンが見られたが楽しそうであった。

TAK_1805

恒例のミニゲームが始まる前に、ミシャ監督がピッチの真ん中に立ち、後ろからの攻撃の組み立てのポジションを細かく修正を図った。両ストッパーである槙野選手と森脇良太選手が高いポジションを取り、西川周作選手を中心にボランチから下りた阿部選手と遠藤航選手が開き3DFとなるところから攻撃の組み立てが始まった。

もちろん、仮想鳥栖の守備として、遠藤選手にはズラタン選手がプレスを掛け、柏木陽介選手には伊藤涼太郎選手がしっかりとマークが付いていた。

例えば、西川選手と阿部選手のパス交換から、タイミングを見計らい宇賀神選手が中盤のスペースへと下りボールを受けると、空いた左のスペースを槙野選手がオーバーラップを掛け、柏木選手も前線へと動き出し、李忠成選手が斜めの動きをして宇賀神選手からパスを受けて展開した。

(残り 1046文字/全文: 1688文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ