浦和フットボール通信

MENU

【選手ミニコラム】ボランチ起用の駒井の仕掛けが光った

TAK_2084

駒井「奥を見ること、パスを受けた時に次のプレーを意識していた」

ジョイフル本田つくばFCとの練習試合は45分×2本と35分×1本で行われた。キリンカップのために日本代表に選出された柏木陽介選手など4選手を欠くなか、ユースの選手たちも練習試合メンバーとして呼ばれていた。だが、ユースの選手を起用するまでも無いと125分も攻守に渡りボランチとしてピッチで存在感を見せていた駒井善成選手は見事であった。

(残り 453文字/全文: 650文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ