浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合】鹿島戦のポイント「3試合ノーゴール。如何にゴールを決めるか」

興梠「最後の精度を欠いていた」

優勝戦線に生き残るためにも何としてでも勝ちたかった。鹿島に崩されて負けた訳ではないが、0-2で敗戦した。だが、前半に浦和が主導権を握りながらも決定的なチャンスを作ったのは鹿島であった。前半に3失点していてもおかしく無かった試合である。

確かに、2失点ともミスがらみの失点であった。宇賀神友弥選手の不用意なパスや駒井善成選手のクロスボールの対応仕方などは、すぐに修正できることである。

問題なのは、鹿島の守備を崩し切れなかったことである。

(残り 694文字/全文: 925文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ