浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】なでしこリーグカップ1部Bグループvs岡山湯郷Belle<加藤、北川、筏井、長野、遠藤、吉田監督コメントあり>

なでしこリーグカップ快勝スタート

薄曇りで少し蒸し暑さを感じる6月12日、選手と共にピッチを駆け抜ける風は爽やかであった。浦和レッズレディースは、リーグカップ初戦となる岡山湯郷Belleを浦和駒場スタジアムに迎えた。

なでしこリーグ戦では、最下位に沈んだまま浮上の切っ掛けが掴めなかった浦和レッズレディース。リーグ中断前に行われた長野パルセイロ・レディースに0-1と惜敗した後、吉田靖監督は「リーグカップはトライしていく。もちろん成績もあるが、残りのリーグ戦に向けて良い準備をする」と再起を誓った。

なでしこリーグカップは、2015シーズンの順位をもとに2グループに分かれ2回戦総当たりの10試合開催され、予選各グループの上位2チームが準決勝・決勝へと進出する。浦和は、仙台・新潟・長野・岡山と同じBグループとなった。また、夏場の暑い時期の開催を考慮して交代枠は5選手までと設定された。

吉田監督は「怪我持ちだった彼女たちは、治るまでやらないで良い」と猶本光選手や吉良知夏選手をメンバーから外して、下部組織から長野風花選手をスタメンで起用し、同じ下部組織の高橋はな選手をベンチスタートとした。スターティングイレブンの平均年齢が、なんと21.4才と若手を主体としたメンバー構成で挑んだ。対する岡山湯郷も中心選手である宮間選手をベンチ外とし、リーグ戦から4選手を入れ替えて来た。

浦和のキックオフで開始された試合は、立ち上がりから攻撃的な姿勢を見せて前線からプレスを掛け、DFラインを押し上げ主導権を握っていたのは浦和であった。

浦和のゴール裏には、不甲斐ないリーグ戦の結果に「本当にコレでいいの?」と掲げられた横断幕を払拭するように、球際に厳しく、ライン際や対峙する相手に対して粘り強くプレーし、攻守の切り替えも早く、相手よりも1歩早い動き出しが出来ていた。

(残り 1478文字/全文: 2250文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ