浦和フットボール通信

MENU

【レディース試合レビュー】プレナスなでしこリーグカップ1部 Bグループ第3節vsアルビレックス新潟レディース<高橋、平尾、筏井、白木、加藤、吉田監督コメントあり>

新潟にリベンジを果たし、なでしこリーグカップ2連勝を飾る

小雨がパラつきそうな曇り空となり、風が雨の気配を運んできた6月19日。なでしこリーグカップ初戦となった岡山湯郷Belle戦を征した浦和レッズレディースは、リーグ戦で2連敗を喫している苦手意識があるアルビレックス新潟レディースをホームに迎えた。

猶本光選手をはじめ、吉良知夏選手、後藤三知選手などチームの中心選手を怪我で欠く中、吉田靖監督は「後藤がまた軽く怪我をして、その穴埋めでトレーニングで良い感じだったのは高橋だった」と浦和の下部組織に所属する高橋はな選手(16才)を初スタメンで起用し、白木星選手(19才)と共に10代の若手に前線を任せた。試合開始前には、高橋選手を勇気付けるコールが沸き起こっていた。

高橋選手は「練習の時に試合を想定して白木選手と組ませてもらって、合わせていく難しさがあった。スタメンが決まって、緊張もあった。FWとして点を決めたかった。憧れていたピッチだし、今まで声援を送っていたのに自分のコールをされていることが有り難く嬉しかった」と感謝の思いを口にした。

(残り 2046文字/全文: 2515文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ