浦和フットボール通信

MENU

【6/21練習レポート】明日のFC東京戦から再起を目指す。

TAK_3353

Report by 河合貴子

年間優勝を目指して、FC東京戦から再起を目指す。

練習が始まる頃には、激しかった雨も止み晴れ渡る青空に日差しが眩しく輝いていた。6月21日、中3日と連戦が続く過密日程の4連戦目となるFC東京戦に向けて練習が始まった。

少し長めのミーティングが終わり15時頃からアップが始まった。先週まで、コンディション調整で離脱していたイリッチ選手もチーム合流し、全員が揃ったピッチに選手たちの笑顔が溢れていた。

TAK_3300

3グループに分かれたボール回しが始まると、4人のゴールキーパーは土田コーチがニアでストーンの役割をしたCKのキャッチングの練習が念入りに行われていた。ゴールマウスに立った西川周作選手は「クリアー!」「キーパー!」と元気の良い声が響いていた。

そして、分析担当の長峰コーチとのミーティングを終えたミシャ監督がピッチに姿を現わし「コンニチハ~」と大原に見学に来たファン・サポーターに挨拶をしたが、チームの状況からか監督の挨拶に応える声は上がらずに冷ややかな空気が流れた。

TAK_3265

3~4人1組となりショート、コンビネーション、ロングボールを織り交ぜた基本のアップが行われた。那須大亮選手、森脇良太選手、興梠慎三選手、李忠成選手の4人組はミスが多かった選手に罰ゲームとしてシッペの取り決めをしており、那須選手が罰ゲームの対象となった。シッペをされて那須選手は「デコピンよりは、良いけど・・・。今の一番痛かった」と悶絶していた。

TAK_3291

アップが終わると恒例のハーフコートでのミニゲームは行われず、シュート練習をメインとするグループと後方からの攻撃の組み立てからゴールを狙うグループの2つに分かれた。

(残り 1073文字/全文: 1766文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ